労働者を雇っている事業場は「労働保険」への加入が義務付けられています

本文にジャンプします
労働者を雇っている事業場は「労働保険」への加入が義務付けられています

※次の画像をクリックするとチラシのPDFファイルが別ウインドウ・タブで開きます。
事業主のみなさまへ「労働保険への加入について」チラシPDF 1.21メガバイト)

「労働保険」とは?

「労働保険」とは、労災保険(労働働者災害補償保険)と雇用保険の総称です。

加入義務のある事業場は?

常勤、パート、アルバイト、派遣等の名称や雇用形態にかかわらず、労働者を1人でも雇っている事業場は、「労働保険」への加入が法律で義務付けられています。(強制適用事業場)

※5人未満の労働者を使用する個人経営の農林水産の事業については、強制適用事業場から除かれています。
※強制適用事業場以外の事業場でも、要件を満たせば労災保険と雇用保険に加入することができます。(任意加入制度)

労働者とは?

労働者とは、職業の種類にかかわらず、事業に使用される者で、労働の対価としての賃金が支払われる者のことをいいます。

短時間労働者(パート、アルバイト等)について

労災保険は、短時間労働者を含む全ての労働者が対象となります。
雇用保険は、一定の条件を満たさない短時間労働者は対象とならないことがあります。

※その他、法人の役員、同居の親族等には、労災保険・雇用保険の対象とならない者もいます。

保険料は何に使われている?

支払った労働保険料は、労災保険雇用保険で次のように使われています。

「労災保険」

労働者が仕事(業務)や通勤が原因で負傷した場合、また、病気になった場合や亡くなった場合に、被災労働者やご遺族を保護するための給付等を行なっています。

※平成27年度は、約62万人に新規の療養補償給付等を行ない、約22万人に労災年金が支給されました。

「雇用保険」

労働者が失業した場合や働き続けることが困難になった場合、また自ら教育訓練を受けた場合に、生活・雇用の安定と就職の促進を図るための給付等を行なっています。

※平成27年度は、約121万人に新規の一般求職者給付(一般的に失業手当と言われるもの)が行なわれました。

保険料は誰が負担するの?

労働保険料は、労働者に支払う賃金の総額と保険料率(労災保険率+雇用保険率)から決まります。
労働保険料のうち、労災保険分は全額事業主負担、雇用保険分は事業主と労働者双方の負担になります。
※労災保険率および雇用保険率が事業の種類ごとに定められているため、労働保険料は事業の種類により異なります。

加入手続きを怠っていると?

1.遡って保険料が徴収されるほか、追徴金も徴収されます。

労働局、労働基準監督署またはハローワークから指導を受けたにもかかわらず、労働保険への加入手続きを行なわない事業主に対しては、政府が職権により成立手続きを行ない、労働保険料額を決定します。
その際、労働保険料は手続を行なっていなかった過去の期間についても遡って徴収されることになり、併せて、追徴金も徴収されます。
また、労働保険料や追徴金を支払われない場合には、滞納者の財産について差押え等の処分が行なわれます。

2.労働災害が生じた場合、労働保険給付額の全部または一部が徴収されます。

事業主が、故意または重大な過失により労災保険の加入手続きを行なわない、いわゆる未手続の期間中に生じた事故について労災保険給付を行なった場合は、労働基準法の規定による災害補償の価額の範囲で、保険給付に要した費用に相当する金額の全部または一部が事業主から徴収されます。

3.事業主のかたのための助成金が受けられません

雇用調整助成金(休業等によって雇用維持を図る事業主に助成)や、特定求職者雇用開発助成金(高年齢者や障がい者など、就職が特に困難な者を雇い入れる事業主に助成)などの、事業主のための雇用関係助成金については、労働保険料の滞納がある場合、受給できない可能性があります。

加入手続きはどこで行なう?

「労働保険」の加入手続は、労働基準監督署および公共職業安定所(ハローワーク)で行なっています。
まだ加入手続きを行なっていない事業主の方は、速やかに労働基準監督署または公共職業安定所(ハローワーク)へご相談ください。

参考

「労働保険」の制度や手続きなどくわしい内容については、次のサイトをご確認ください。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 労働保険制度(制度紹介・手続き案内)【厚生労働省公式サイト】

お問い合わせ先

「労働保険」の加入義務の有無などをご確認の上、まずは、最寄りの都道府県労働局、労働基準監督署、公共職業安定所(ハローワーク)へご相談ください。

米子労働基準監督署(管轄:米子市・境港市・西伯郡・日野郡)

郵便番号683-0067  米子市東町124-16 米子地方合同庁舎
電話:0859-34-2231
ファクシミリ:0859-34-2233

ハローワーク米子(米子公共職業安定所)

郵便番号683-0043  米子市末広町311イオン米子駅前店4階
電話:0859-33-3911
ファクシミリ:0859-33-3959

掲載日:2017年6月9日