弾道ミサイル落下時の行動について

本文にジャンプします
弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合には、防災行政無線で退避を呼びかけますので、直ちに頑丈な建物や地下などに避難してください!

北朝鮮は弾道ミサイルの発射を繰り返しており、また我が国の排他的経済水域に落下する事案も発生しています。

弾道ミサイルが発射された場合には

関係する地域の方々に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用し、防災行政無線により特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をおしらせすることとしています。
弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。メッセージが流れたら、直ちに次の行動をとってください。
(注:鳥取県では、近畿、中国、四国地方に影響がある場合にメッセージが流されます。)

※携帯電話・スマートフォンのほとんどが、エリアメール・緊急速報メールを受信できますが、一部には受信できないものがあります。対策方法等は次をご確認ください。

リンク … スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用について

とっていただきたい行動

屋外にいる場合

  • 近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守る

屋内にいる場合

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

【参考】

リンク・新しいウィンドウで開きます … 内閣官房  国民保護ポータルサイト

Jアラートの放送内容が変わりました

弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合には、弾道ミサイルが発射された旨の情報に加え、避難を呼びかけます。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について(内閣官房  国民保護ポータルサイト)

掲載日:2017年8月31日