空き家の適切な管理をお願いします

本文にジャンプします
空き家の適切な管理をお願いします

…「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されました

適切な管理が行なわれていない空き家が問題となっており、国においても、平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が完全施行されています。
放置され老朽化が進むと、建築材の落下や倒壊によって通行人に危害が及ぶなど危険な状態になりますので、空き家の所有者の方は、このようなことがないよう適切な管理をお願いします。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報(国土交通省ウェブサイト)

空き家の管理は所有者等の責任です

空き家は、所有者等の財産です。(所有者等とは、所有者または管理者をいい、相続人や占有者なども含みます。)
きちんと管理されていれば問題はありませんが、管理不全が原因で事故が発生し、他人に被害を与えてしまった場合は、損害賠償を求められる場合があります。
空き家にするときは、次のようなことに心がけ、万が一の事態に備えるようにしてください。

  • ご近所や自治会などに連絡先を伝えておく。
  • 定期的に様子を見るようにして、戸締りに注意したり、家屋やブロック塀などの破損がないか点検する。
  • ご自身での管理が困難な場合は、業者や知り合いの方などに管理を依頼する。

危険な状態の空き家に対する市の措置

  • 市は、適切な管理がなされていない空家等を調査するとともに、所有者等に対する是正指導のために必要な情報を収集します。
  • 調査の結果、「特定空家等」と認定されたときは、市は所有者等に対して助言・指導、勧告、命令を行なうことができ、改善されない場合は、行政代執行を行なうことができます。
「空家等」とは

建築物またはこれに附属する工作物であって、居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの、およびその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む)

「特定空家等」とは
  • 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある空家等
  • 著しく衛生上有害となるおそれのある空家等
  • 適切な管理が行なわれていないことにより著しく景観を損なっている空家等
  • 生活環境の保全を図るために放置することが不適切である空家等

空き家

掲載日:2016年12月16日