よなごリユースショップ認定事業

本文にジャンプします
よなごリユースショップ認定事業

認定証イメージ

米子市では、4R(リフューズ【断る】、リデュース【ごみを減らす】、リユース【再使用する】、リサイクル【再生利用する】)の取組の1つであるリユースの促進を目的に、市民の皆さんがリユース品(中古品)の売却や購入、修理にあたって、安心してリユースショップ等を利用できるよう、次に掲げる基準等を満たしたリユースショップの認定をはじめます。
認定店舗は、認定証と認定ステッカーを掲示しています。

リンク … 認定リユースショップ一覧

よなごリユースショップ認定基準等

リユース品とは

次に掲げる物品であって、そのまま又は修理を行なって使用することができるものをいいます。

  1. 衣類(和服類、洋服類その他の衣料品)
  2. 自転車類(その部分品を含む。)
  3. 写真機類(写真機、光学器等)
  4. 事務機器類(レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等)
  5. 機械工具類(電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等)
  6. 道具類(家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等)
  7. 皮革・ゴム製品類(カバン、靴等)
  8. 書籍

リユース業とは

リユース品を売買する事業(買取りのみを行なうものを除き、古物営業法(昭和24年法律第108号)第3条第1項の許可を受けて行なうものに限ります。)またはリユース品を修理する事業をいいます。
ただし、鳥取県使用済物品等の放置防止に関する条例(平成27年鳥取県条例第54号)第2条第3号に規定する使用済物品回収業に該当するものを除きます。

リユースショップの認定について

リユース業を行なうための店舗(市内に設置されているものに限る。以下同じ。)について、次に掲げる基準に適合する旨の市長の認定を受けることができます。

  1. 次に掲げる情報の提供が行なわれていること。
    1. 当該店舗の所在地、電話番号、営業時間及び定休日に関する情報
    2. リユース品の販売を行なう場合にあっては、当該リユース品の傷又は故障の有無、附属品の有無及び保証の有無に関する情報
    3. リユース品の買取り又は修理を行なう場合にあっては、その買取り又は修理の条件に関する情報
  2. 利用者からの相談又は苦情に対して適切に対応することができること。
  3. 利用者の個人情報が適切に取り扱われていること。
  4. 当該店舗において、引き続き3年以上リユース業が行なわれていること。
  5. 当該店舗について認定の取消しを受けたことがある場合にあっては、その取消しの日から5年を経過していること。

くわしくは、要綱をご覧ください。
リンク・新しいウィンドウで開きます 要綱PDF 692キロバイト) 

リユースショップを募集しています

米子市では、「よなごリユースショップ認定事業」を実施し、リユース品の売買又は修理が適切に行なわれる店舗を募集しています。
認定を受けようとする店舗のかたは、次の申請書等及び添付書類を提出してください。

リンク・新しいウィンドウで開きます よなごリユースショップ認定申請書(様式第1号)PDF 165キロバイト)
リンク・新しいウィンドウで開きます 市税等納付状況確認同意書(様式第2号)PDF 69キロバイト)
リンク・新しいウィンドウで開きます 役員等調書兼照会承諾書(様式第3号)PDF 96キロバイト)

添付書類
  • 古物営業許可証の写し
  • 法人にあっては、定款及び登記事項証明書
  • 個人にあっては、住民票の写し

お問い合わせ先

米子市市民人権部 環境政策課 生活環境係
電話:(0859)23-5259
ファクシミリ:(0859)23-5258
Eメール:kankyoseisaku@city.yonago.lg.jp

掲載日:2016年9月12日