中海・宍道湖ラムサール条約登録記念シンポジウム

本文にジャンプします
中海・宍道湖ラムサール条約登録記念シンポジウム

「中海・宍道湖ラムサール条約登録記念シンポジウム」が開催されます

このイベントは終了しました

中海・宍道湖の賢明な利用に向けて


中海と宍道湖が、特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約、「ラムサール条約」に登録されたことを記念して、シンポジウムが開催されます。
入場無料です。これからの「湿地の保全」と「賢明な利用(ワイズユース)」を考えるためにも、ぜひご参加ください。

とき

平成17年12月3日(土曜日) 13時30分から16時

ところ

松江市  くにびきメッセ 3階 国際会議場

内容

ラムサール条約湿地登録の認定書の授与

中海・宍道湖沿岸自治体の代表首長決意表明

  • 松浦正敬松江市長
  • 野坂康夫米子市長

第9回ラムサール条約締約国会議の報告

  • 中村玲子さん(ラムサールセンター事務局長)

両県知事対談
「中海・宍道湖のラムサール条約登録後の抱負と連携について」

  • 澄田信義島根県知事
  • 片山善博鳥取県知事

パネルディスカッション

コーディネーター

  • 中村玲子さん(ラムサールセンター事務局長)

パネリスト

  • 神谷要さん(中海水鳥国際交流基金財団指導員)
  • 樋口翔一さん(米子水鳥公園友の会会員)
  • 小谷武さん(NPO法人斐伊川くらぶ理事長)
  • 白崎亮さん(滋賀県琵琶湖環境部下水道計画課長)
  • 高橋正治さん(宍道湖漁業協同組合参事)
  • 國井秀伸さん(島根大学汽水域研究センター長)
掲載日:2005年11月25日