高校新卒者就業定着事業

本文にジャンプします
高校新卒者就業定着事業

鳥取県では高校新卒者が就職後3年以内に離職する割合が全国平均よりも高いという実態があり、その背景には企業の人材育成・就職者の心理面における課題があると推測されています。このことから、米子市は、就業前に企業情報・労働関連情報を提供することにより「働くことの意義」「就労の大変さと楽しさ」等、就労に対する意識の向上を図ることが必要と考えています。

米子市では、高校新卒者等の就業・定着を促進することを目的として、これから就職に向かわれるかたに対して、就労に関する各種情報を提供する事業を実施し、一人一人の意識醸成の働きかけに努めることとしています。この事業に参加されたかただけではなく、学校や家庭等さまざまな場面において「働くということ」について、今一度考えてみませんか。