鳥取県指定無形文化財保持者認定記念展「陶芸・山本浩彩、革工芸・本池秀夫 多彩と淡彩のコントラスト」

本文にジャンプします
鳥取県指定無形文化財保持者認定記念展「陶芸・山本浩彩、革工芸・本池秀夫 多彩と淡彩のコントラスト」

※画像をクリックすると、別ウインドウでPDFファイルが表示されます。(PDF 1.59メガバイト)
記念展チラシ

鳥取県指定無形文化財保持者認定記念展「陶芸・山本浩彩、革工芸・本池秀夫 」

鳥取県指定無形文化財の保持者として認定された「陶芸」山本浩彩(やまもと・こうさい/倉吉市)と、「革工芸」本池秀夫(もといけ・ひでお/米子市)両氏の技と作品を紹介します。

とき

会期:平成28年7月22日(金曜日)から8月1日(月曜日)まで
         ※7月27日(水曜日)は休館日
時間:午前10時から午後6時まで

ところ

米子市美術館 第4展示室
(米子市中町12番地、電話:(0859)34-2424、ファクシミリ:(0859)33-0679))

観覧料

無料

関連イベント

本池秀夫氏による展示解説

とき:7月31日(日曜日)午後2時30分から約20分程度

講演会「茜色に輝くやきもの+革工芸のエキゾチック 2015年度鳥取県無形文化財指定をめぐって」

とき:7月30日(土曜日)午後3時から
会場:米子市立図書館2階 多目的研修室
講師:金子賢治さん(鳥取県文化財保護審議会委員、茨城県陶芸美術館長)
参加費:無料(※事前申込は不要です。)

お問い合わせ先 

鳥取県教育委員会事務局文化財課 文化財担当
電話:(0857)26-7937
ファクシミリ:(0857)26-8128

リンク・新しいウィンドウで開きます … 米子市美術館ホームページ

掲載日:2016年7月26日