自治会への加入促進に関する協定を締結しました

本文にジャンプします
自治会への加入促進に関する協定を締結しました

地域コミュニティの根幹である自治会への加入促進の取組みとして、平成28年7月15日(金曜日)に、米子市自治連合会、公益社団法人鳥取県宅地建物取引業協会西部支部及び米子市の三者の間で、「自治会への加入促進に関する協定」が締結しました。

三者ががっちりと握手をしています
<写真>左から
公益社団法人鳥取県宅地建物取引業協会西部支部  渡邉俊裕支部長、
米子市 野坂康夫市長、
米子市自治連合会 松本眞会長

目的

三者が相互に連携協力して米子市の住民の自治会への加入を促進し、自治会の組織及び活動の充実を図ることにより、明るく住み良い安全で安心なまちづくりをめざし、もって地域社会の活性化に資することを目的としています。

取組み

公益社団法人鳥取県宅地建物取引業協会西部支部の協力事業者等に、米子市自治連合会と市が作成した加入促進チラシ等を配置していただき、新規入居者、住宅購入者等に対し配布していただくなど、自治会への加入の働きかけを行なっていただけるようになりました。

三者とその他関係者の集合写真

掲載日:2016年7月26日