大規模災害時における災害し尿等の収集運搬の協力に関する協定を締結しました(平成28年5月)

本文にジャンプします
大規模災害時における災害し尿等の収集運搬の協力に関する協定を締結しました(平成28年5月)

協定締結式の写真。米子市長と鳥取県環境整備事業共同組合の代表者が握手しています。

平成28年5月16日に、米子市と鳥取県環境整備事業協同組合との間で、「大規模災害時における災害し尿等の収集運搬の協力に関する協定」を締結しました。

協定締結の目的

災害廃棄物の処理については市町村が主体となることや、米子市地域防災計画に規定する、民間との防災協力体制の整備を図り、災害時の効率的、効果的な応急活動ができる体制を整備する旨の方針に基づき、市民の生活環境の保全と公衆衛生の確保を図る観点から、大規模災害時に迅速な対応ができるよう両者で協議を重ねてきました。
その結果、双方合意のもと、協定の締結に至りました。

協定の内容

地震、風水害等の大規模災害時において、一時的に、大量に発生する避難所などからのし尿や浄化槽汚泥の収集運搬について、米子市の要請により鳥取県環境整備事業協同組合の力を借りるものです。

掲載日:2016年5月16日