平成28年度保育料の改定について

本文にジャンプします
平成28年度保育料の改定について

平成28年度の保育料についてお知らせします。
国における幼児教育の段階的無償化の取組みに伴い、年収約360万円未満相当の低所得世帯に対して負担軽減措置を拡大しました。

主な変更点

母子世帯等の負担軽減措置

母子家庭等の世帯のうち、市民税所得割額が77,101円未満の世帯について、第1子が半額、第2子が無料になります。

多子世帯の負担軽減措置

  • 市民税所得割額が57,700円未満の世帯のうち、第1子が保育所等に入所している場合に限り、第2子の保育料が無料になります。
  • 市民税所得割額が57,700円未満の世帯について、同時在園の軽減措置に係る子どもの数え方を変更し、子どもの年齢に関係なく保護者と生計同一の子どもの最年長者から数えます。
【資料】

新しいウィンドウで開きます 平成28年度米子市保育所利用者負担額(保育料)表PDF 165キロバイト)

掲載日:2016年4月20日