ラムサール条約登録湿地指定の要件

本文にジャンプします
ラムサール条約登録湿地指定の要件

ラムサール条約登録湿地指定の要件が整いました

鳥獣保護を目的として、彦名干拓地を除く中海周辺の地域が国指定鳥獣保護区として更新されました。
また、この更新と同時に、米子水鳥公園をはじめとした中海の水域が国指定鳥獣保護区特別保護地区に指定され、これによりラムサール条約登録湿地指定の要件が整いました。

ラムサール条約とは…特に水鳥の生育地として大切な湿地の保全と賢明な利用を目的とした国際的な条約で、イランのラムサールという町で取り決められたので、その名前をとってラムサール条約と呼ばれています。

国指定中海鳥獣保護区等の概要

米子市域の指定概要

  • 鳥獣保護区:湊山公園、粟嶋神社境内地
  • 鳥獣保護区特別保護地区:米子水鳥公園および中海の水域(一部水域を除く)

鳥獣保護区とは…鳥獣の保護繁殖のため、鳥獣の捕獲が禁止される区域のことです。

鳥獣保護区特別保護地区とは…鳥獣保護の中でも、特に大切で守らなければならない区域で、干拓など一定の行為については、環境省の許可が必要です。

彦名干拓地は、国指定鳥獣保護区から除外されましたが、鳥取県が銃猟禁止区域と指定しました。

期間

平成16年11月1日から平成26年10月30日までの10年間

お問い合わせ

中海鳥獣保護区などのくわしいことについては

…米子市役所環境政策課(電話:23-5256)

有害鳥獣駆除については

…米子市役所耕地課(電話:23-5232)

掲載日:2004年10月1日