マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意ください!

本文にジャンプします
マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意ください!

10月から番号通知が始まるマイナンバー制度に関連して、制度に便乗した不審な電話や訪問が全国的に発生しています

たとえば…

  • 制度開始に伴い個人情報を調査している。資産状況の把握が必要である。
  • 制度が始まると、今まで登録した個人情報に誤りがある場合は取り消しが必要である。
  • お金を支給するので口座番号を教えてほしい、制度が始まると手続きが面倒になりすぐに振り込めなくなる。

次のことにご注意ください

  • 市の職員や行政機関がマイナンバー制度のことで個人宅に尋ねることはありません。
  • 電話でマイナンバー制度の番号を尋ねることはありません。
  • マイナンバー制度に関連して資産情報・口座番号の聞き取り、情報削除の申し出を電話や訪問により聞き取りすることはありません。

もしも電話や訪問があったときは

  • マイナンバーや口座番号など個人情報を話したり、お金を振り込まない。
  • 相手の名前、所属、用件などをメモする。
  • あわてて即答せずに、家族等に相談する。
  • 「あやしい」と感じたら、次の問合せ先に連絡する。

お問い合わせ先

制度に関すること

市民課届出係(電話:23-5144)

不審電話に関すること

市民課 届出係(電話:23-5144)
市民相談課 相談係(電話:23-5378)
米子警察署(電話:33-0110もしくは#9110)

掲載日:2015年10月7日