米子歴史絵巻―巻之四―悠久なる時の中で

本文にジャンプします
米子歴史絵巻―巻之四―悠久なる時の中で

※画像をクリックすると大きいサイズの画像が表示されます。
米子歴史絵巻チラシ

米子歴史絵巻―巻之四―悠久なる時の中で ―オカリナの響きと神楽の舞―

上淀廃寺跡は、飛鳥時代後期に建てられたとされる寺院の跡です。平成3年からの発掘調査で国内最古級仏教壁画が大量に出土し、飛鳥時代の堂塔内部を復元しうる数少ない寺院跡として平成8年に国の史跡に指定されました。このような歴史ロマン溢れる舞台で音楽と伝統芸能を堪能ください。

プログラム

  1. 杉山清香オカリナ演奏
  2. 上淀廃寺の解説(米子市教育委員会文化課)
  3. 日野高等学校郷土芸能部 荒神神楽「八重垣能」
  4. 重要文化財「石馬」の公開(希望者のみ)

主催

一般財団法人米子市文化財団、米子市、米子市教育委員会

とき

平成27年10月10日(土曜日)
開演:午後2時(開場:午後1時30分)

ところ

国指定史跡 上淀廃寺跡(雨天の場合は米子市淀江文化センターさなめホール)
※会場変更がある場合は、当日10時までに米子市文化ホールのホームページにてお知らせします。

入場料

無料、要整理券
(整理券取扱所:米子市文化ホール、山陰歴史館、淀江文化センター、米子市教育委員会文化課)

お問い合わせ先

米子市文化ホール(米子市末広町293番地)
電話:(0859)35-4171
リンク・新しいウィンドウで開きます … 米子市文化ホールホームページ

掲載日:2015年9月4日