第2次行財政改革大綱・実施計画の取組結果について

本文にジャンプします
第2次行財政改革大綱・実施計画の取組結果について

米子市では、行財政改革の推進を市政の最重要課題と位置づけ、合併により新市が誕生した平成17年度からここまで10年にわたり取組を進めてきました。

平成22年度から取組を進めてきた第2次行財政改革では、4つの改革の柱のもと、21の推進項目、93事業を計画に掲げ、その全ての事業を実施し、実施率は100パーセントとなりました。また、期間中の「取組の効果額」(…※)は、当初見込んだ約29億円に対して、20億円増加の約49億円、一般会計ベースでは、当初見込んだ20億円に対して、17億円増加して、約37億円となりました。 

この間の取組結果の詳細については、次の総括書をご確認ください。

リンク・新しいウィンドウで開きます 第2次行財政改革大綱総括書PDF 844キロバイト)

※「取組の効果額」 … 取組に着手する前の平成21年度の実績と、取組に着手した後の各年度の実績(平成27年度については見込値)を比較し、取組の出来高を数値化・みえる化したもの。

掲載日:2015年4月17日