平成26年度の不動産、動産の公売実施状況

本文にジャンプします
平成26年度の不動産、動産の公売実施状況

米子市では、市税負担の公平性を確保し、滞納額の縮減と徴収率の向上を図るため、市税の滞納を理由として差し押さえた不動産や動産の公売を行なっています。
平成26年度に実施した公売の売却状況をお知らせします。

 公売状況

売却区分
番号
公売物件 見積価額 売却価額
26-02 宅地・居宅・倉庫 5,310,000円 5,350,000円
26-07 宅地・倉庫・事務所 1,010,000円 1,111,111円
26-09 雑種地・倉庫 2,350,000円 2,400,000円
A1からG2 掛軸、指輪など合計12点 4,200円 50,629円

不動産は、5件の物件について延べ9回の公売を実施し3件が落札、売却されました。見積価額の合計8,670,000円に対して売却価額の合計は8,861,111円でした。
動産は、掛軸、指輪など12点を公売しすべて落札、売却されました。見積価額の合計4,200円に対して売却価額の合計は50,629円でした。

米子市では、動産や不動産のほかに預貯金や給与などの債権の差押えも行なっています。
滞納にならないよう、市税は納期内に忘れずに納めましょう。納付には便利で確実な口座振替をご利用ください。

掲載日:2015年4月8日