クリーンセンターってどんなところ?

本文にジャンプします

現在位置

  1. キッズページ
  2. みんなのくらし
  3. クリーンセンターってどんなところ?
クリーンセンターってどんなところ?

米子市クリーンセンターは、もえるごみの処理(しょり)をしているところだよ。

米子市クリーンセンターはどこにあるの?

クリーンセンター

弓ヶ浜(ゆみがはま)公園の近くにデッカイ煙突(えんとつ)がある建物を見たことないかな?
煙突(えんとつ)の上は虹色(にじいろ)になっているよ。

クリーンセンターのしくみ ―ごみはどうなるの?―

ここからは、クリーンセンターに集められたもえるごみが、どのように処理(しょり)されていくのか見てみよう!

計量棟(けいりょうとう)

計量棟1

みんなのお家や会社などから出たごみを積んできた車は、計量棟(けいりょうとう)で車ごと、ごみの重さをはかるんだ。

プラットホーム

プラットホーム

計量棟(けいりょうとう)でごみの重さをはかった車は、プラットホームに入って来るんだ。
1日に来る車はおよそ230台! そして、集まるごみの量は1日平均(へいきん)180トンにもなるんだよ。

 

エアカーテン

ここの自動ドアが開いたときは、中のごみのにおいが外にもれないように、空気のカーテンが作られるんだよ。
ごみは、プラットホームのとびらから、ごみピットにうつされるんだ。

ごみピット

ピット1

ごみピットは、収集(しゅうしゅう)したごみをもやすまでの間、集まったごみをためておくところ。
このごみピットには、810トンのごみをためることができるんだ。
ごみピットにためられたごみは、ごみをもやすときによくもえるように、大きなクレーンでよくまぜるんだ。
なんとこのクレーンは、コンピューターの指令(しれい)を受けたら、ごみを焼却炉(しょうきゃくろ)の入り口、「ごみホッパー」へと運ぶんだ。

中央制御室(せいぎょしつ)

中央制御室

クリーンセンターの運転は、すべてコンピューターで管理(かんり)しているんだ。焼却炉(しょうきゃくろ)の中が高い温度でもえているようすも、モニター画面でたしかめることができるんだよ。
しかも、クリーンセンターは24時間運転! みんながねている間も、クリーンセンターは動いているんだよ。
いろんな機械を、24時間切れまなく管理(かんり)しているのがこの中央制御室(せいぎょしつ)なんだ。

焼却炉(しょうきゃくろ)

焼却炉

そして、いよいよ焼却炉(しょうきゃくろ)。ごみは850度から950度と、とても高い温度でもやされて、(はい)になるんだよ。ごみをもやすのに、ごみピットの空気を使うことで、ごみのにおいはなくなってしまうんだ。

クリーンセンターのしくみ ―ごみが燃えたらどうなるの?―

ごみはもえて、(はい)とガスになるんだ。(はい)は機械を通って、もえない「不燃物(ふねんぶつ)」がより分けられるんだ。

不燃物

写真にあるのは、ごみの分別(ぶんべつ)のルールからするとまざらないはずの不燃物(ふねんぶつ)だよ。不燃物(ふねんぶつ)焼却炉(しょうきゃくろ)をいためるし、大きな不燃物(ふねんぶつ)が入ったら、すべての作業が緊急(きんきゅう)停止(ていし)になってしまうから、これはもう、大、大、大めいわく!!
めいわくといえば、ガスの中には、環境(かんきょう)にめいわくな物もまざっているんだ。それらは薬品やフィルターなどを使ってきれいにしているんだよ。 また、(はい)は、資源(しげん)のリサイクルをしている会社に引き取ってもらって、そこでセメントの材料に再利用(さいりよう)されるんだ。

クリーンセンターのしくみ―余熱(よねつ)利用―

発電機設備

タービン発電機

これは、ごみをもやす力を使って電気を作る機械。その名も「蒸気(じょうき)タービン発電機」!! なんと、発電しているんだ。
平成28年度は22.5ギガワットアワーの電力を作ることができたんだよ。これは、およそ6,900(けん)の家が、1年間で使う電力量と同じぐらいなんだ。
電気をつくる方法は、ごみをもやした時に発生する熱を利用して、蒸気(じょうき)をつくり、この蒸気(じょうき)を使ってタービン(羽根車)を回してモーターを動かして発電するしくみ。
ここでできた電気はクリーンセンター内で使って、あまった電気は電力会社に売っているんだよ。