農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想を変更しました(平成26年9月)

本文にジャンプします
農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想を変更しました(平成26年9月)

基本構想とは

「農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想(以下「基本構想」という。)」とは、農業経営基盤強化促進法に基づき県が作成する「農業経営基盤強化促進基本方針」に即して、市が地域の事情を踏まえて独自に定めるものです。

基本構想の内容

米子市は、平成26年5月19日に鳥取県が策定した「農業経営基盤強化促進基本方針」に即して、基本構想の見直しを行ないました。(平成26年9月30日施行)

この基本構想には、次の6つの事項が明記されています。

  1. 農業経営基盤の強化の促進に関する目標
  2. 新たに農業経営に営もうとする青年等に関する事項
  3. 農業経営の基盤、生産方式、経営管理の方法、農業従事の態様等に関する営農類型ごとの効率的かつ安定的な農業経営の指標及び新たに農業経営を営もうとする青年等が目標とすべき農業経営の指標
  4. 効率的かつ安定的な農業経営を営む者に対する農用地の利用の集積に関する目標
  5. 農業経営基盤強化促進事業に関する事項
  6. 農地利用集積円滑化事業に関する事項

【資料】

リンク・新しいウィンドウで開きます 農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想 PDF 669キロバイト)

掲載日:2014年11月5日