国民健康保険料を納めずにいると、どうなりますか?

本文にジャンプします
国民健康保険料を納めずにいると、どうなりますか?

国民健康保険料を納めずにいると、どうなりますか?

納付期限までに保険料が納付されない場合、督促状を送付します。その後もお支払いがないと、再度文書による催告を行ないます。電話による納付確認も定期的に行なっています。
滞納がさらに続くと、有効期限の短い「短期被保険者証」を交付する場合があります。更新手続きは毎回窓口までお越しいただきます。
長期にわたって滞納が解消されない場合には、保険証の代わりに「被保険者資格証明書」を交付します。この場合、かかった医療費の全額(10割)が自己負担となります。
滞納が続く場合は、法律に基づいて預貯金・給与・生命保険等の財産差し押さえをすることがあります。
保険料の納付期限は7月から翌年2月の月末日(12月は25日。金融機関等の休業日の場合は翌営業日)です。期限までに納めるようにしましょう。
<No. 203>
更新日:2014年9月5日