平成26年米子市議会7月定例会議案

本文にジャンプします
平成26年米子市議会7月定例会議案

 米子市は、平成26年7月14日に開会の平成26年米子市議会7月定例会に、次の議案を上程しました。

平成26年米子市議会7月定例会議案

議案第62号
平成26年度米子市一般会計補正予算(補正第1回)

会計名:一般会計
補正額:771万4千円

この補正により、平成26年度米子市一般会計予算は593億300万円から593億1,071万4千円となります。

議案第63号
専決処分について(米子市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について)

処分年月日:平成26年3月31日
改正理由:国民健康保険法施行令の一部改正によるもの
主な改正内容:

  1. 国民健康保険の保険料の後期高齢者支援金等賦課額の賦課限度額(現行14万円)を16万円に引き上げた。

  2. 国民健康保険の保険料の介護納付金賦課額の賦課限度額(現行12万円)を14万円に引き上げた。

  3. 被保険者均等割額及び世帯別平等割額を減額する所得判定基準について、5割軽減の基準については24万5,000円を乗ずる被保険者数に世帯主を含め、2割軽減の基準については被保険者数に乗ずる金額(現行35万円)を45万円とした。

  4. 特定世帯としての期間が満了した世帯の基礎賦課額及び後期高齢者支援金等賦課額の世帯別平等割額を、基準額の4分の3に相当する額とした。

議案第64号
専決処分について(米子市市税条例等の一部を改正する条例の制定について)

処分年月日:平成26年3月31日
改正理由:地方税法の一部改正によるもの
改正内容:

  1. 耐震改修が行なわれた既存建築物に係る固定資産税の減額措置の創設に伴い、当該減額措置の適用を受けようとする者がすべき申告について定めた。

  2. 一般社団法人又は一般財団法人に移行した旧民法法人が設置する施設で、移行の日の前日において非課税とされていたものに係る固定資産税の非課税措置の廃止に伴う整理を行なった。

議案第65号
専決処分について(平成25年度米子市一般会計補正予算)
(補正第8回)

処分年月日:平成26年3月31日
会計名:一般会計
補正額:6億2,417万5千円
内容:減債基金積立金などを計上するもの

この補正により、平成25年度米子市一般会計予算は641億2,674万円から647億5,091万5千円となります。

議案第66号
専決処分について(平成25年度米子市国民健康保険事業特別会計補正予算)
(補正第5回)

処分年月日:平成26年3月31日
会計名:国民健康保険事業特別会計
内容:一般会計繰入金を計上するもの

この補正による、平成25年度米子市国民健康保険事業特別会計予算総額の増減はありません。

【資料】(議案第65号から第66号まで)
リンク・新しいウィンドウで開きます 平成25年度専決処分の概要 PDF 89.5キロバイト)

議案第67号
専決処分について(平成26年度米子市国民健康保険事業特別会計補正予算)
(補正第1回)

処分年月日:平成26年5月30日
会計名:国民健康保険事業特別会計
補正額:3億389万円
内容:繰上充用によるもの

関連用語(新しいウィンドウ・タブが開きます)前年度繰上充用金

この補正により、平成26年度米子市国民健康保険事業特別会計予算は、159億7,971万7千円から162億8,360万7千円となります。

議案第68号
専決処分について(平成26年度米子市住宅資金貸付事業特別会計補正予算)
(補正第1回)

処分年月日:平成26年5月30日
会計名:住宅資金貸付事業特別会計
補正額:1億9,352万4千円
内容:繰上充用によるもの

この補正により、平成26年度米子市住宅資金貸付事業特別会計予算は、486万5千円から1億9,838万9千円となります。

議案第69号
専決処分について(平成26年度米子市下水道事業特別会計補正予算)
(補正第1回)

処分年月日:平成26年5月30日
会計名:下水道事業特別会計
補正額:1億4,239万7千円
内容:繰上充用によるもの

この補正により、平成26年度米子市下水道事業特別会計予算は、66億4,552万5千円から67億8,792万2千円となります。

議案第70号
専決処分について(平成26年度米子市駐車場事業特別会計補正予算)
(補正第1回)

処分年月日:平成26年5月30日
会計名:駐車場事業特別会計
補正額:5億2,588万4千円
内容:繰上充用によるもの

この補正により、平成26年度米子市駐車場事業特別会計予算は、1億9,241万9千円から7億1,830万3千円となります。

議案第71号
専決処分について(平成26年度米子市市営墓地事業特別会計補正予算)
(補正第1回)

処分年月日:平成26年5月30日
会計名:市営墓地事業特別会計
補正額:200万6千円
内容:繰上充用によるもの

この補正により、平成26年度米子市市営墓地事業特別会計予算は、1,856万6千円から2,066万2千円となります。

【資料】(議案第67号から第71号まで)
新しいウィンドウが開きます 平成26年度専決処分の概要 PDF 62.9キロバイト)

議案第72号
米子市地域防災計画に定める大規模な工場その他の施設の用途及び規模を定める条例の制定について

水防法の一部改正により、浸水想定区域が存する市町村の地域防災計画に、洪水時の浸水の防止を図る必要があると認められる大規模な工場その他の施設を定める場合において、当該施設の用途及び規模は条例で定めることとされたことにより、その用途及び規模を定めようとするものです。

制定内容:

洪水時の浸水の防止を図る必要がある大規模な工場その他の施設として米子市地域防災計画に定める場合の当該施設の用途及び規模は、次のとおりとすることとする。
(1)用途:工場、作業場又は倉庫
(2)規模:延べ面積1万平方メートル以上

議案第73号
米子市消防団員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について

本市の消防団員の処遇の改善を図るために報酬の引上げを行なうほか、所要の整備を行なおうとするものです。

主な改正内容:

本市の消防団員の報酬(年額)を次のとおり引き上げることととする。
(1)団長:82,500円(現行74,000円)
(2)副団長:69,000円(現行56,000円)
(3)分団長:50,500円(現行44,400円)
(4)副分団長:45,500円(現行30,400円)
(5)部長:37,000円(現行27,300円)
(6)班長:37,000円(現行25,000円)
(7)団員:36,500円(現行22,700円)

議案第74号
米子市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について

本市の非常勤消防団員の処遇の改善を図るため、退職した非常勤消防団員に支給する退職報償金の額を引き上げようとするものです。

主な改正内容:

本市の非常勤消防団員に支給する退職報償金の額を次のとおり引き上げることとする。
(1)団長:239,000円から979,000円
(2)副団長:229,000円から909,000円
(3)分団長:219,000円から849,000円
(4)副分団長:214,000円から809,000円
(5)部長および班長:204,000円から734,000円
(6)団員:200,000円から689,000円
※勤務年数5年以上10年未満の団員(引き上げ額56,000円)を除き、一律5万円の引上げ

議案第75号
米子市職員の配偶者同行休業に関する条例の制定について

地方公務員法の一部改正により、外国で勤務等をする配偶者と生活を共にすることを希望する地方公務員の継続的な勤務を促進するための配偶者同行休業の制度が設けられたことを踏まえ、本市において配偶者同行休業制度を導入するために必要な事項を定めようとするものです。

主な制定内容:

  1. 配偶者同行休業の承認の要件及び手続に関すること。

  2. 配偶者同行休業の期間に関すること。

  3. 配偶者同行休業の対象となる配偶者が外国に滞在する事由に関すること。

  4. 配偶者同行休業の承認の取消事由に関すること。

  5. 配偶者同行休業をしている職員の代替の職員の任期付採用又は臨時的任用に関すること。

  6. 職務復帰後における号給の調整及び退職手当の取扱いに関すること。

議案第76号
米子市市税条例等の一部を改正する条例の制定について

地方税法等の一部を改正する法律による地方税法等の一部改正に伴い、所要の整備を行おうとするものです。

主な改正内容:

  1. 市民税関係

    法人税割の税率を、100分の12.1(現行100分の14.7)に引き下げることとする。

  2. 固定資産税関係

    (1)次に掲げる固定資産について、固定資産税を非課税とすることとする。

    ア.社会福祉法人等が児童福祉法に規定する小規模保育事業の用に供する固定資産

    イ.学校法人等が認定こども園の用に供する固定資産

    (2)地下街等の所有者又は管理者が当該地下街等における洪水対策のために平成29年3月31日までに取得した一定の設備について、当該取得後5年度間は、固定資産税の課税標準を、その価格に3分の2を乗じて得た額とすることとする。

    (3)冷蔵機器及び冷凍機器で一定の冷媒のみを使用するもののうち、平成29年3月31日までに新たに取得したものについて、当該取得後3年度間は、固定資産税の課税標準を、その価格に4分の3を乗じて得た額とすることとする。

  3.  軽自動車税関係
    (1)原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車及び二輪の小型自動車の税率を、1.5倍(最低2,000円)又は1.25倍に引き上げることとする。
    (2)初めて車両番号の指定を受けた月から起算して13年を経過した三輪以上の軽自動車について、標準の税率のおおむね100分の20を重課する特例措置を講ずることとする。

議案第77号
松江市及び米子市と境港市との間における中海圏域の定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について

松江市及び米子市と境港市とが中海圏域の定住自立圏の形成に関し連携して取り組む政策分野について、その内容を変更するため、当該定住自立圏の形成に関し締結した協定を変更しようとするものです。

変更内容:

中海圏域の定住自立圏の形成に関し連携して取り組む政策分野について、「生活機能の強化に係る政策分野・産業振興」の項目に「雇用の促進」を、「結びつきやネットワークの強化に係る政策分野・その他」の項目に「定住の促進」を追加するほか、「中海・宍道湖・大山圏域市長会」の発足に伴う所要の整備を行なうこととする。

議案第78号
松江市及び米子市と安来市との間における中海圏域の定住自立圏の形成に関する協定の一部を変更する協定の締結について

松江市及び米子市と安来市とが中海圏域の定住自立圏の形成に関し連携して取り組む政策分野について、その内容を変更するため、当該定住自立圏の形成に関し締結した協定を変更しようとするものです。

変更内容:

中海圏域の定住自立圏の形成に関し連携して取り組む政策分野について、「生活機能の強化に係る政策分野・産業振興」の項目に「雇用の促進」を、「結びつきやネットワークの強化に係る政策分野・その他」の項目に「定住の促進」を追加するほか、「中海・宍道湖・大山圏域市長会」の発足に伴う所要の整備を行なうこととする。

議案第79号
平成26年度米子市一般会計補正予算(補正第2回)

会計名:一般会計
補正額:1億7,521万3千円

この補正により、平成26年度米子市一般会計予算は593億1,071万4千円から594億8,592万7千円となります。

議案第80号
平成26年度米子市農業集落排水事業特別会計補正予算(補正第1回)

会計名:農業集落排水事業特別会計
補正額:652万円

この補正により、平成26年度米子市農業集落排水事業特別会計予算は、7億310万4千円から7億962万4千円となります。

【資料】(議案第62号および第79号から第80号まで)
リンク・新しいウィンドウで開きます 平成26年度7月補正予算の概要 PDF 198キロバイト)

【追加予定議案】

議会最終日の平成26年8月1日には、次の追加議案を上程する予定です。

平成26年米子市議会7月定例会追加予定議案

  • 平成25年度米子市水道事業会計の決算認定について
  • 平成25年度米子市水道事業会計剰余金の処分について
  • 平成25年度米子市工業用水道事業会計の決算認定について
  • 平成25年度米子市工業用水道事業会計剰余金の処分について

 

掲載日:2014年7月14日