保険料を納めましょう

本文にジャンプします
保険料を納めましょう

保険料は、国保運営の大切な財源です。必ず納期内に納めるようにしましょう。

世帯主が納めます

世帯主が、勤務先の健康保険加入者であったり、後期高齢者医療に加入をしていても、世帯のだれかが国保に加入していれば、世帯主が納付義務者になります。毎年7月に、前年の所得等をもとに計算した納入通知書を送付します。

納付方法

保険料は、毎年4月から翌年3月までの1年分を、次の方法により納付していただきます。ただし、年度中途に国保に加入した、あるいは国保をやめたときは、保険料を月割で計算します。

特別徴収

次の条件を満たす方については、年金から天引きさせていただくことになります。対象となる年金は、納付義務者の介護保険料が特別徴収となっている年金になります。

  • 世帯主が国民健康保険の被保険者であること
  • 国民健康保険加入者が、全員65歳以上75歳未満である世帯
  • 介護保険料が特別徴収となっている場合
  • 介護保険料と国民健康保険料を合算した額が、対象となる年金の給付額の2分の1を超えない場合

なお、特別徴収の対象者であっても、滞納がないことを条件に、ご希望により口座振替での納付が可能です。ご希望の場合は、保険年金課又は淀江支所地域生活課窓口で手続きをお願いします。

<手続きに必要なもの>

国民健康保険証、振替を希望する口座の通帳及び届出印


普通徴収

特別徴収以外の方(口座振替又は納付書等により金融機関等で納付)が対象です。

7月から翌年2月までの、8回で納付していただきます。

リンク … 口座振替での納付方法

納付相談

保険料の支払いが困難な場合は、早めに市役所保険年金課収納係窓口(電話:23-5124)にご相談ください。

  • 病気、失業、事業の廃止などで保険料の納付が困難な方
  • 納期分を一括で納付が困難な方
  • 納付のため、金融機関や市役所に行く時間がとれない方

リンク・新しいウィンドウで開きます …  国民健康保険料の納付が困難な方は、ご相談ください

掲載日:2014年5月1日