このようなときは届け出を

本文にジャンプします
このようなときは届け出を
国保に加入するときや、やめるとき等、次の場合には、届け出が必要です。
区分 こんなときには届け出を 届け出に必要なもの
国保に加入する 市外から転入したとき 市民課または淀江支所地域生活課で転入手続き後、手続きにお越しください
退職などで職場の社会保険をやめたとき 職場で加入していた健康保険の資格喪失証明書
子どもが産まれたとき 市民課または淀江支所地域生活課で出生届けを提出後、手続きにお越しください
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書
国保をやめる 市外へ転出するとき 国民健康保険証
他の健康保険に加入したとき 国保と職場両方の保険証
死亡したとき 国民健康保険証
生活保護を受けるとき 保護開始決定通知書、国民健康保険証
その他 市内転居、世帯主・氏名の変更 国民健康保険証
保険証の紛失・破損等による再交付 本人確認書類
就学で子どもが市外に転出するときは 国民健康保険証、在学証明書(学生証)
※入学前は、入学決定通知書で受け付けますが、後日必ず在学証明書を提出していただきます。

これらに加えて、平成28年1月から個人番号(マイナンバー)の利用が開始されることに伴い、国民健康保険の資格取得や喪失等の手続きには、原則として個人番号(マイナンバー)の記載と本人確認できる書類も必要となります。

リンク … 国民健康保険におけるマイナンバーについて

届け出先

次のいずれかにお届けください。

  • 保険年金課(本庁舎1階・窓口7番)
    電話:23-5122
  • 淀江支所地域生活課
    電話:56-3114

 

 

掲載日:2014年5月1日