第1回山陰在宅医療推進フォーラムを開催します

本文にジャンプします
第1回山陰在宅医療推進フォーラムを開催します
医療・介護・行政・市民が安心して暮らせる「地域包括ケアシステム」の推進、構築、そして各地で新たな展開が生まれることをめざしています。
自分が、自分らしく自宅で暮らし続けることができるために、皆で考えてみませんか?

日時

平成26年5月18日(日曜日)
午前9時15分から午後3時30分

場所

鳥取大学米子キャンパス 記念講堂

内容

基調講演(午前9時30分から正午まで)

  1. 「地域包括ケアにおける在宅療養支援診療所・かかりつけ医の役割 ―地域リハビリテーションの核として―」
       講師 大田 仁史 さん(茨城県立健康プラザ管理者、茨城県立医療大学名誉教授)

  2. 「地域包括ケアを医学教育の中でどう伝えるか? ―鳥取大学の試み―」
       講師 谷口 晋一 さん(鳥取大学医学部地域医療学教授)

シンポジウム(午後1時から3時30分まで)

  1. 「食べる喜びは生きる喜び」
    ワイエイデンタルクリニック 歯科医師 足立 融 さん

  2. 「医療、ケアの多職種連携を考える ―認知症連携ネットワークの取り組み―」
    浜田市地域包括支援センター主任介護支援専門員 竹本 弘子 さん

  3. 「琴浦町以西地区宮木の取り組み」
    前鳥取県連合婦人会会長 井上 耐子 さん

  4. 「認知症重度化予防実践塾の成果」
    森本外科・脳神経外科医院 看護部長 金田 弘子 さん

参加費

無料(ただし、資料代として500円いただきます。)

その他

参加の申し込みについては、下記にお問い合わせください。

お申し込み・お問い合わせ先

山陰プレ大会事務局  電話:(0858)53-0121 又は
米子市長寿社会課  電話:(0859)23-5155

掲載日:2014年4月25日