市長定例会見(平成26年1月6日)

本文にジャンプします
市長定例会見(平成26年1月6日)

 平成26年1月6日(月曜日)

 市長から

 質疑


幹事記者:
では、お願いします。

市長:
明けましておめでとうございます。またお世話になりますけど、今年もよろしくお願いいたします。
昨年は、8月に図書館・美術館がリニューアルオープンしまして、結構たくさん入ってもらってまして、喜んでいるところです。また、(誘致企業の)源吉兆庵がもう操業を開始しておられますし、WELLCOM(ウェルコム)が進出決定ということもありました。また、メガソーラーのほうも一応完成して、2月から売電ということでございます。またシャープの工場も次世代の液晶パネルの開発設備を増設されたといったような明るいニュースもあったところでございます。また12月にはスカイマークが就航を開始したということでございます。また、空き家対策条例ですとか、それから地域の防災計画、広域の避難計画等をつくったところでございます。
今年につきましては、公会堂が3月に竣工するということで、大ホールのほうは5月から使っていただくということでございますし、来年の4月から中学校給食を完全実施いたしますので、今年度からもう設計等は入っておりますけども、来年度からは給食センターの建設に入るということでございます。また、安倍三柳線は今、設計をやっておりまして、JR境線に跨線橋をつけるための設計とか測量、そういうような準備を進めて、できるだけ早い機会に工事にも入りたいと思っているところでございます。
中・長期的に見ますと、湊山球場の跡地の整備、米子城跡の整備ですとか、それから山陰歴史館(整備事業)、それから駅の南北一体化、これは今、JR、県と話し合いを始めたところで、今後、どういう工程で、どういう形で進めていくかということを協議していかなければいかないかんだろうと思っております。
また、来年度にかけては子ども・子育て支援事業計画を米子市のほうでもつくって、ご承知のように米子市も保育園の待機児童が出ておりますので、これを何とか解消していきたいと思っております。
それから、長い目で見ると、少子高齢化でお年寄りが増えてきますので、認知症対策とか、介護予防対策も進めていかなければいかんだろうと思っております。いずれにしましても、米子市の第2次総合計画がありますので、これの肉づけをしながら、米子市の発展と市民の皆さんの福祉向上のために今年も邁進していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
私のほうからは以上です。

幹事記者:
では、ご自由にお願いします。

記者:
さっき市長がおっしゃいました公会堂は、一部使用から始まるんですか?

市長:
私の聞いていますところでは、3月に竣工をして、集会室がありますけども、こういうところはすぐにでも使えるようになるんですけども、大ホールのほうは照明設備だとか舞台装置だとか空調だとか、みんな結構新しくしていますので、貸したはいいけれども、すぐ動かなくなったということになるといけないんで、試運転をやって、5月の半ばぐらいから大ホールのほうは貸すということになっております。それから、前庭のほうは、多分使えるようになるんじゃないかとは思います。

記者:
市長、男を上げましたね、公会堂で。

市長:
いや、これから利用(促進)をきちんとやってもらわないかんと思ってます。5月からの大ホールの貸し出し(受け付け)を昨年10月から始めたので、大体ああいうところの貸し出しは1年ぐらい前から予約が入ってくるらしいんですね。だから5月からすぐというのは、まだそんなに入ってないようなことを聞きました。できるだけ貸し出しを徐々にでも増やしていきたいと思ってます。

記者:
市長、JRの駅の南北一体化についてですけども、話し合いを始められるということですが、これからの整備の方向性だとかについての、話し合いを始められて、その結論の目途というのはどのようにつけていきたいと?

市長:
ちょっとそこはね、どういう段取りでできるかということもあるので、JRさんとよく話をしてから始めないと、この前のバリアフリーのときも、結局汽車をとめるわけにいかないんで、工事を始めて、例えばやぐらを組んでも、それをまた外して一から始めないといかんということで、1日4時間ぐらいしか作業ができないらしいんです。それも夜間に。というようなこともあるんで、その辺の工程なんかも、どの程度の規模にするのかというようなことも含めて、これからの話になると思います。
いずれにせよ、南北の自由通路をつくるということと、南側に広場をつくって、バスとかタクシーとか、そういうのが来れるような広場をつくろうというところは、基本的には概念としてみんな持っているんですけれども、じゃあ、具体的にそれをどう進めていくかということになると、これから具体的に話をしないと決まってこないと思います。

記者:
例えば今年度中にその具体的な計画をまとめていきたいだとか、そういったようなスケジュールのイメージというのはお持ちでしょうか?

市長:
いや、ちょっとまだ、今後話し合いをしてみないと、それでいずれにせよ、今JRさんが言っておられるのは、自由通路の工事とあわせて駅舎全体の改築というか、新築というか、そういうようなことにもなってくるというようなことをおっしゃっていますので、一部の部分は除いてですね。その辺との兼ね合いもあるだろうと思うんですけども、ちょっと具体的な話を決めないと、なかなか決まってこないと思います。私が今ここでぱっと予測して、希望的観測で言うわけにもいきませんので。

記者:
新年度予算にこのJR南北一体化の関連予算を盛り込むお考えなんかはあるんでしょうか?

市長:
例えばコンサルの費用とか、そういうようなものは入れないかんのかなとは思いますけども、具体的な話し合いをして、どういうタイミングでどういう計画を立てていくかということも関係してくるんで、今のところははっきりは言えません。3月に向けて、1月、2月、精力的に話をして、どういう段取りで進めていくかということが決まってくれば、例えばコンサル費用とか、そういうものは入ってくるかもしれません。

記者:
中学校給食では、何とおっしゃいましたっけ、設計?

市長:
今年度中に設計はやって、来年度から工事に入らないかんだろうと思ってます。

記者:
新年度から着工するということですね?

市長:
そうですね。

記者:
で、来春3月には完成するということ?

市長:
ええ。それで来年4月からはもう完全に給食を提供します。今年度で地質調査なんかもやりましたので。
先ほど言い忘れましたけども、ふるさと納税が昨年末に2億円を超えまして、今日の時点で(寄附金額が)2億1,800万円、件数は1万8,700件となっております。

記者:
市長、必要経費を差し引いて、実質何ぼかというのが…?

市長:
実質は、半分程度です。

記者:
12月(補正予算)でも6,000万円追加して費用を予算化してるんで、やっぱり(必要経費を)差し引いて言わないと。

記者:
これは4月以降ですか?

市長:
これは4月以降です。4月から3月までの年度でやってますので。

記者:
で、今年度は、昨年の4月から12月までで2億を超えたということ?

市長:
ええ、そうですね。

記者:
それは市長、どう思われますか?

市長:
これは本当によく頑張ってくれたなと思いますね。クレジットカードが使えるようにしたことと、特産品の数を増やしたというのが大きいところじゃないかと思います。それと米子市のふるさと納税が割と頑張ってるということで、全国ネットのメディアにも取り上げてもらってますので。去年の12月初めの段階で、議会の定例会の冒頭の中にちょっと入れたんですが、たしかそのときには1億を超えたというような言い方をしたと思います。

記者:
12月がどどっと増えたということ?

市長:
増えたということですね。大体例年そうなんです。1月以降、確定申告があるので。

記者:
市長は、2億を超えそうだと、超えるだろうとは思っていなかった?

市長:
いや、思っていなかったですよ、正直言って。

記者:
3億は超えそうなんですか、年度でいうと?

市長:
いや、それはちょっと。1、2、3月は例年そんなには入りませんので。

記者:
あと、市長、初夢見ましたか、何か?

市長:
初夢はあんまり見なかったですね。

記者:
宝くじが当たるとか?

市長:
いや、宝くじ買ってないんで、当たりっこないですね。

記者:
割と、日程見ると、この年末年始、ゆっくりできたんじゃないかと?

市長:
そうですね。例年、もうちょっと何か予定が入るんですけども、少なくとも28、29、30、31日は入りませんでしたし、1日もなかったし、2日は一、二ありましたけども、それから3日は成人式ですね。4日はなくて、きのうは2つぐらい新年会があったですけど。前は青年会議所の初詣でや、それから商店街の初売りとか、そういうようなのがあったんですけども、商店街のがなくなったし、青年会議所の初詣でもなくなりました。だから31日から1日にかけては何もなかったですね。ちょうど3歳の孫が来たので遊びましたけど。

記者:
先ほど総花的な、いろいろ市政の課題についてご説明がありましたけども、年頭に当たって、再度、どういう一年を目標というか?

市長:
午年ということですのでね、勢いよく疾走するような、何というか、勢いよく飛躍するような年になればいいなとは思いますけれども、いろいろ課題もありますので、全力で疾走していくような年にしたいと思ってます。

幹事記者:
じゃあ、ほか、なければ。

市長:
よろしいですか。またよろしくお願いいたします。ありがとうございました。


(かっこ内) は、秘書広報課で補足しています。

掲載日:2014年1月8日