平成25年10月から児童扶養手当の額が改定されました

本文にジャンプします
平成25年10月から児童扶養手当の額が改定されました

児童扶養手当の額は、毎年の消費者物価指数の変動に応じて手当額を改定する物価スライド措置がとられています。しかし、平成12年度から平成14年度までの間、物価下落時の特例措置により手当額が据え置かれた経緯から、平成24年度の手当額は、物価スライド措置を適用した場合より1.7パーセント増の手当額となっています。

今回の改定は、平成27年4月までに特例水準を段階的に解消するための措置です。

児童扶養手当の額(月額)

改定前(平成25年9月分まで)

全部支給…41,430円

一部支給…41,420円から9,780円

改定後(平成25年10月分から)

全部支給…41,140円

一部支給…41,130円から9,710円

  • 2人目は5,000円、3人目以降は3,000円ずつ加算されます。

なお、改定後の最初の支給日は平成25年12月11日で、平成25年8月分から9月分(改定前)と10月分から11月分(改定後)を併せて支給します。

お問い合わせ先

こども未来課 児童係
電話:23-5135

掲載日:2013年10月28日