「古代びと千年の記憶―よどえの魅力を探る・楽しむ・活かす―」を開催します

本文にジャンプします
「古代びと千年の記憶―よどえの魅力を探る・楽しむ・活かす―」を開催します

米子市淀江町が誇る国の史跡、上淀廃寺や向山古墳群、妻木晩田遺跡。
古代遺跡の郷として知られる米子市淀江町に伝わる歴史、文化遺産の魅力を探り、その楽しみ方、活かし方を考えてみませんか。
上淀廃寺を今日的な視点から再考する記念講演など、注目のシンポジウムです。

「古代びと千年の記憶―よどえの魅力を探る・楽しむ・活かす―」

日時

平成25年10月12日(土曜日) 午後1時から4時30分

会場

米子市淀江文化センター さなめホール

内容

記念講演

「上淀廃寺再考」上原真人さん(京都大学大学院教授)

古代寺院研究の第一人者が、新たな視点から、山陰を代表する古代寺院、上淀廃寺を再考します。

パネルディスカッション

「よどえの魅力を探る・楽しむ・活かす」

コーディネーター:中原斉さん(むきばんだ史跡公園所長)

パネリスト:澤村明さん(新潟大学経済学部准教授)、角俊一さん(島根県教育庁文化財課世界遺産室)、田中秀明さん(淀江の魅力発見の会会長、米子市文化財保護審議会副会長)、中島佳代子さん(山陰saccaコーディネイター)

入場料

無料

定員

500人
…10月10日(木曜日)までに事前申込みが必要です。
(空席があれば、当日入場可)

主催

とっとりの文化遺産魅力発掘プロジェクト実行委員会

後援

淀江地区自治会長連合会

申込み・お問い合わせ先

鳥取県立むきばんだ史跡公園
〒689-3324 鳥取県西伯郡大山町妻木1115-4
電話:(0859)37-4000
ファックス:(0859)37-4001
Eメール:mukibanda@pref.tottori.jp

リンク・新しいウィンドウで開きます … 鳥取県立むきばんだ史跡公園ホームページ

掲載日:2013年10月2日