市税等の滞納対策の取組み(平成24年度)

本文にジャンプします
市税等の滞納対策の取組み(平成24年度)

経過

米子市では、平成17年度の第一次行財政改革の実施に併せて、庁内に米子市市税等滞納整理対策本部を設置し、市税等の滞納対策の取組みを開始しました。
この間、具体的には、徴収体制の強化のための集中的な人員配置、悪質な滞納者への差し押さえ等の滞納処分の強化、滞納者への行政サービスの利用制限の強化、継続的な口座振替の利用促進、滞納整理システムの導入による業務の効率化等を行ない、着実に、徴収率(現に徴収した額を、徴収すべき額で除したもの。)が改善されつつあります。
また、ほとんどの税料において、滞納繰越額(その年度のうちに徴収することができず、翌年度に繰り越した滞納額)が減少しており、このことから、滞納債権をなるべく出さない効率の良い徴収サイクルが確立されつつあることがわかります。

【資料】

リンク・新しいウィンドウで開きます 市税等の滞納対策の取組み(徴収率等の推移)PDF 38.2キロバイト)
 

平成24年度の収納状況等

平成24年度から平成25年度へ繰り越した主な税料の滞納額(滞納繰越額)は、市税約9億9,000万円、国民健康保険料約7億4,800万円、介護保険料約6,900万円、保育料約3,700万円、市営住宅使用料約4,800万円、下水道使用料約9,400万円となっています。
減少傾向にはあるものの、依然として多額であり、今後も、行財政改革の重点項目として、滞納対策の取組みを強化していく必要があると考えています。
市民の皆さんの納税に対する信頼を確保することを目的に、今後とも、市をあげて滞納額の削減に向けた取組みを進めていきたいと思いますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

【資料】

リンク・新しいウィンドウで開きます 平成24年度の主な税料の収納状況PDF 14.4キロバイト)
 

市税等の口座振替の利用促進について(お願い)

市税等の納付には、便利で確実な口座振替をご利用いただきますようお願いします。
一度手続きをしておけば、それぞれの税料の納付期限の日に、ご指定の口座から自動的に引き落としになりますので、わざわざ金融機関に出向く必要もなく、また、うっかり納付忘れの心配もありません。
市税等の口座振替の手続きは、市内各金融機関で承ります。(税料等の納付書、預金通帳、口座登録印が必要です。)また、担当課(収税課)に連絡いただければ、ご自宅に書類を送らせていただきます。

お問い合わせ先

市税等の滞納対策の取組みについては…

行政経営課
電話:(0859)23-5306

口座振替の手続き・市税の収納管理については…

収税課
電話:(0859)23-5161・5162

掲載日:2013年8月15日