新型インフルエンザ情報

本文にジャンプします
新型インフルエンザ情報

平成23年3月31日、厚生労働省から、平成21年に発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)について、感染症法における「新型インフルエンザ等感染症」と認められなくなった旨の公表があり、通常の季節性インフルエンザとしての取扱いに移行するとの通知がありました。これを受け、鳥取県は、平成23年3月31日をもって「鳥取県新型インフルエンザ対策本部」を解散したところです。
米子市においても、平成21年4月28日に設置した「米子市新型インフルエンザ対策本部(本部長:市長)」を、平成23年3月31日をもって解散しました。

この記事は、当時の参考資料として残しているものです。


掲載日:2011年4月1日