強引な健康食品の送りつけにご注意を!

本文にジャンプします
強引な健康食品の送りつけにご注意を!

電話により商品発送すると予告があり、注文したおぼえのない健康食品を送りつけられたというご相談が依然として多く入っています。悪質な業者によるかなり脅迫的なケースも増えています。

相談事例

事例1

健康食品の会社から電話があり、以前に注文を受けたので商品を送ると言われた。注文した覚えはないと言ったが、注文のときの電話が録音してある、受け取らなければ訴訟する、と聞き入れてくれなかった。代引きで商品を送ると言われたがどうしたらよいか。

事例2

注文していない健康食品の送りつけがあった。受け取り拒否をしたところ、すかさず業者から強迫的な電話がかかってきた。たまたまヘルパーが訪問中だったため、電話応対をしてもらったが、かなり言い争った後、相手が激怒し電話を切った。

消費者へのアドバイス

  • 必要のないもの、注文をしていないものはきっぱりと断りましょう。
  • 宅配便の代金引換で送られてくるケースが多いようです。注文していないものは代金を支払わず、受け取りを拒否しましょう。受け取り拒否をするときに、念のため業者名、連絡先を控えておきましょう。
  • 困ったときには早めに消費生活相談室に相談してください。

米子市消費生活相談室

電話:(0859)35-6566
ファックス:(0859)23-5391
Eメール:shiminsodan@city.yonago.lg.jp

掲載日:2013年4月30日