公会堂におけるPCB検出に係るその後の調査結果(地下土壌検査結果)

本文にジャンプします
公会堂におけるPCB検出に係るその後の調査結果(地下土壌検査結果)

公会堂の池付近の旧ポンプ室内の溜まり水からPCBが検出されたため、平成25年4月12日(金曜日)、13日(土曜日)の2日間にわたり、旧ポンプ室周辺の地下水及び地下土壌のボーリング調査を行ないました。
このうち、地下土壌についての分析結果が、4月20日(土曜日)に出ましたので、お知らせします。

ボーリング調査結果

地下土壌のPCB検査結果

検出されませんでした。


この結果、先日の地下水の分析結果とあわせ、いずれからもPCBは検出されませんでしたので、PCBによる環境汚染はないことが確認されました。
また、現時点では公会堂改修事業への影響もないものと考えます。
掲載日:2013年4月22日