淀江の歴史観光スポットを探検

本文にジャンプします
淀江の歴史観光スポットを探検

淀江町地域では、米子市観光協会が主催する『淀江地区歴史観光スポット探検隊』が定期的に開催されています。これは、上淀廃寺跡や妻木晩田遺跡、石馬といった歴史遺産など、淀江町地域の歴史観光スポットをガイドが案内するものです。

 

平成25年3月16日(土曜日)、その『淀江地区歴史観光スポット探検隊』が開催されました。当日は、淀江町福岡にある上淀白鳳の丘展示館からスタートし、石馬・天神垣神社から上淀廃寺跡を経て岩屋古墳を巡り、白鳳の里に戻ってくるという、徒歩でおよそ2時間のコースでした。

 

参加者は、上淀白鳳の丘展示館では、角田遺跡から出土した絵画土器や、上淀廃寺跡から出土した国内最古級の仏教壁画片などの展示物、また古代寺院の金堂内部を原寸大復元した展示施設などの説明を学芸員から受けました。

釈迦如来像と菩薩像(上淀白鳳の丘展示館の釈迦如来像と菩薩像)

そして、天神垣神社では、境内に保存してある国の重要文化財である石馬の解説を受け、それから上淀廃寺跡を見学した後、向山古墳群の岩屋古墳では、切石造りの横穴式石室内部の様子も見ることができました。

岩屋古墳(岩屋古墳の石室内部)

『淀江地区歴史観光スポット探検隊』は、次回は、平成25年4月20日(土曜日)に予定されています。今度は、上淀白鳳の丘展示館から妻木晩田遺跡に行き、白鳳の里に戻ってくるというコースですが、オプションとして天の真名井や淀江台場跡など車で移動するスポットもあり、参加者の要望によりコースを変更して案内することもあるそうです。

 

『淀江地区歴史観光スポット探検隊』への参加費は無料ですが、上淀白鳳の丘展示館入館料などは有料となります。事前申込は不要で、少人数でも案内をしてもらえますので、淀江町地域の歴史遺産などの観光スポットを探検してみてはいかがでしょうか。

 

リンク・新しいウィンドウで開きます … 米子市観光協会ホームページ

掲載日:2013年3月19日