「弥生文化シンポジウム とっとり倭人伝」を開催します

本文にジャンプします
「弥生文化シンポジウム とっとり倭人伝」を開催します

鳥取県立むきばんだ史跡公園では、国内最大級を誇る弥生時代の集落跡 妻木晩田遺跡の整備が終わり、グランドオープンを迎えたことを記念して、「弥生文化シンポジウム とっとり倭人伝」を開催します。
日本考古学の第一人者をお招きしての講演会や、パネルディスカッションなど、弥生時代の山陰について、やさしくわかりやすく語っていただきます。
専門知識がなくても気軽に参加していただけます。「弥生時代はどんな時代?」「妻木晩田遺跡ってどんなムラ?」を楽しく考えましょう。
たくさんの方々の参加をお待ちしています。

「弥生文化シンポジウム とっとり倭人伝」

とき

平成25年3月9日(土曜日) 午後1時から(開場は午後0時30分から)

ところ

米子市淀江文化センター「さなめホール」

プログラム

午後1時:開会挨拶
午後1時10分:オープニングアクト

「古代の淀江紙芝居」松村 宏さん(ニュース漫画家・紙芝居作家)
午後1時30分:記念講演
「邪馬台国前夜の山陰」大塚 初重さん(明治大学名誉教授・元日本考古学協会会長)

記念講演「邪馬台国前夜の山陰」

午後2時50分:休憩
午後3時10分:パネルディスカッション

「東・西日本からみた山陰の弥生時代」

コーディネーター:西谷 正さん(九州歴史資料館館長)
パネリスト:東日本・石川 日出志さん(明治大学教授)、西日本・森岡 秀人さん(日本考古学協会理事)、青谷上寺地遺跡・湯村 功さん(鳥取県立公文書館)、妻木晩田遺跡・岡野 雅則さん(鳥取県教育委員会)

午後4時30分:閉会

 

【参考】

新しいウィンドウで開きます 弥生文化シンポジウム とっとり倭人伝・チラシPDF 1.26メガバイト)

入場料

無料

定員・申込み方法

400人(事前に申込みが必要です。先着順となります。)

申込み方法

はがき・ファックス・電子メール・鳥取県立むきばんだ史跡公園ホームページ内の「講座・イベント申込みフォーム」で、郵便番号・住所・氏名・電話番号・参加人数・「シンポジウム参加希望」をご記入の上、お申込みください。

申込み締切り

平成25年3月1日(金曜日)

申込み・お問い合わせ先

鳥取県立むきばんだ史跡公園
〒689-3324 鳥取県西伯郡大山町妻木1115-4
電話:(0859)37-4000
ファックス:(0859)37-4001

リンク・新しいウィンドウで開きます …  鳥取県立むきばんだ史跡公園ホームページ

掲載日:2013年2月19日