第3の名水「三輪山の清水(旧「小波上の泉」)」

本文にジャンプします
第3の名水「三輪山の清水(旧「小波上の泉」)」

山陰自動車道米子道路の淀江トンネル南側の側道脇に、湧水場があります。これは、「三輪山の清水(旧「小波上の泉」)」と呼ばれているもので、淀江町地域内では、名水百選「天の真名井」、因伯の名水「本宮の泉」に次ぐ第3の名水となっています。

淀江トンネルは、壺瓶山(つぼかめやま)を貫く全長1,200メートルで、鳥取県内の山陰自動車道では最長のものです。平成10年3月に供用開始されていますが、そのトンネル工事の際にこの湧水が発見され、のちに水くみ場として整備されました。

水汲み場(三輪山の清水の水くみ場)

この水くみ場はあまり目立たず、隠れたような場所にあるのですが、口コミで評判が広がったのでしょうか、この場所には、常に水くみの人が訪れていると言ってもいいくらいです。地元の人が多いのですが、中には県外ナンバーの車も見られます。

平成24年には、10台分の駐車スペースがある駐車場も整備されて、ますます利用しやすくなりました。滑らかな水質が人気を呼ぶ水くみスポットとして、多くの人に親しまれています。

駐車場(水くみ場の駐車場)

掲載日:2013年1月30日