平成24年度中海・宍道湖・大山圏域市長会シンポジウムを開催します

本文にジャンプします
平成24年度中海・宍道湖・大山圏域市長会シンポジウムを開催します

中海・宍道湖・大山圏域市長会では、今年度、本圏域が一体的に発展していくための指針となる「中海・宍道湖・大山圏域振興ビジョン」の策定を予定しており、年度末の完成に向けて作業を進めています。この策定作業を進めるにあたり、今後のこの圏域がめざすべき方向性・目標等について議論を深めるとともに、この圏域で活動する各種団体・事業者、また行政及び一般市民等がそれを広く共有し、共通認識をもつ機会とするため、シンポジウムを開催します。
入場料は無料で、どなたでも参加できます。みなさんのご来場をお待ちしております。

平成24年度中海・宍道湖・大山圏域市長会シンポジウム

開催日時

平成25年2月15日(金曜日)
午後1時30分から午後4時30分まで(午後1時開場予定)

会場

米子市文化ホール メインホール(米子市末広町293番地)

テーマ

「水がつながる 人がつながる 神話の国から 未来へつなげる」

主催

中海・宍道湖・大山圏域市長会

共催

米子市、境港市、松江市、出雲市、安来市、鳥取県西部町村会

構成

第1部  基調講演(60分)
演題:「あるものを生かす『地域力』の創造《ひと・もの・絆》」
講師:総務省地域力創造・緑の分権改革アドバイザー、前自治財政局長 椎川 忍 さん

第2部  パネルディスカッション(100分)※冒頭に資料映像(約10分)あり
テーマ:「圏域の将来像とその実現に向けて」
コーディネーター:椎川 忍 さん
パネリスト:米子市長、境港市長、松江市長、出雲市長、安来市長

【チラシ】

画像をクリックすると、新しいタブ・ウィンドウでPDFファイルが開きます。(PDF 1.46メガバイト)

シンポジウムチラシ

掲載日:2013年1月18日