淀江傘の伝統を守る 和傘伝承館

本文にジャンプします
淀江傘の伝統を守る 和傘伝承館

文政4年(1821年)に、倉吉から淀江に来た倉吉屋周蔵が傘屋を開いたことが、淀江傘の歴史の始まりです。そして明治14年(1881年)に、津山の西金蔵が傘製造の指導に招かれたことが、淀江傘発展のきっかけとなりました。

淀江傘

大正時代になると、地元の製造業者数71軒、年間生産量17万本に達し、出荷先は県内はもちろん、西日本一円、さらには関東や東北などの合計32県に広がりました。実用性に富み、丈夫なことでも有名であった淀江傘は、戦後の傘不足の折には、年間生産量50万本にも達したということです。

 

淀江は、日野川の流砂が堆積した砂浜が広く、そこに1万本以上の傘を一度に干すことができたこと、良質の竹材が入手しやすい土地柄であったことなどが、淀江傘発展の要因だったと言われています。整然と淀江傘の白い花が咲く砂浜は、淀江ならではの素晴らしい風景でした。

 

しかし、隆盛を誇った淀江傘も、洋傘が普及していくにつれて、昭和26から27年をピークに廃業する業者が増えて生産量は減っていき、昭和59年をもってすべての製造業者が廃業してしまいました。

 

1本の竹から和傘を完成させるまでには、70以上の工程があります。現在、淀江町淀江にある和傘伝承館では、「淀江傘伝承の会」の皆さんによってその工程が実演され、淀江傘の伝統を守りながら作られています。また、蛇の目傘、番傘、ミニ傘などギフト用としても販売されています。

掲載日:2012年11月21日