旧淀江小学校の学舎跡

本文にジャンプします
旧淀江小学校の学舎跡

淀江小学校は、明治6年に精明寺の一部を仮校舎として創立しましたが、淀江養良小学校と改称した後の明治16年に、現在の淀江公民館が建っている場所に新築移転しました。それから昭和46年に、現在淀江町西原にある新校舎に移るまで、その場所に建っていました。

学舎跡碑(淀江公民館敷地内の学舎跡碑)

初代校長の村田晋は、大阪の華岡塾で医学を学び、江戸幕府末期に高杉晋作が組織した奇兵隊にも参加した志士でもあり、淀江町の教育の振興に力を尽くしました。

村田晋頌徳碑(淀江公民館敷地に建つ村田晋頌徳碑)

その後、明治30年には淀江養良小学校から淀江尋常小学校へ、昭和16年には淀江国民学校へ、さらに昭和22年に淀江小学校へ改称していきました。太平洋戦争終戦間際の昭和20年7月には、校舎に米軍の爆撃を受けましたが、職員や児童には被害はなかったということです。

 

明治16年に新築された校舎の構造は、当時の東京博物館をまねて建てられたということで、総建坪205.5坪(約679平方メートル)、敷地面積972坪(約3,213平方メートル)という規模は、山陰で比べるものがなかったと記されています。

掲載日:2012年8月15日