米子市少年育成センターのあらまし

本文にジャンプします
米子市少年育成センターのあらまし

米子市少年育成センターは、少年問題に関する機関や団体との連携を図り、少年の非行を防止して健全な育成指導を総合的に行なうことを目的として設置され、街頭補導や少年相談、関係機関・団体との連絡調整などの業務を行なっています。

【根拠条例等】

(PDFファイルです。新しいウィンドウ・タブで開きます。)

リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市少年育成センター条例PDF 8.35キロバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市少年育成センター条例施行規則PDF 11.2キロバイト)

沿革

昭和35年2月1日 米子市青少年問題協議会の機関として「米子市補導センター」を設置、関係機関と合同補導活動を実施
昭和41年6月15日 国庫補助対象センターに指定されたのを機に、米子市で運営
昭和41年7月13日 「米子市少年補導センター」と改称、少年補導委員100名を委嘱、街頭補導活動を実施
昭和43年4月1日 「米子市少年補導センター条例」の施行
平成6年4月1日 「米子市少年育成センター条例」の施行により、「米子市少年補導センター」から「米子市少年育成センター」に改称、併せて同条例施行規則により「少年補導委員」から「少年指導委員」に改称

機構図

少年育成センター機構図

【少年育成センター職員】

  • 所長:1名(生涯学習課長兼務)
  • 副所長:1名(非常勤)
  • 専任指導員:1名(非常勤)
  • 職員:2名(生涯学習課青少年係兼務)

運営協議会

運営協議会は、少年育成センターの業務の具体的な実施計画を協議決定します。
構成員は、関係機関、団体の代表者を教育委員会が委嘱します。

少年指導委員

少年指導委員は、関係機関、団体の推薦により教育委員会が委嘱します。
少年指導委員は、各学校、各地区の青少年育成会、団体及び個人の立場で把握された少年に関する問題について少年育成センターと相互の連携を図るとともに、街頭補導に参加し、直接少年の指導に当たります。

少年指導委員委嘱状況(平成28年6月1日現在)

所属機関団体名 指導委員数
小学校 23人
中学校 11人
高等学校 10人
各種学校 1人
地区青少年育成会 112人
米子青年会議所 3人
連合婦人会 2人
更生保護女性会 2人
民生委員・児童委員 25人
保護司会 3人
BBS 1人
社会福祉協議会 1人
児童相談所 1人
百貨店・スーパー等 3人
西部少年サポートセンター 2人
警察署 2人
市有施設 6人
米子市教育委員会 8人
合計 216人

地区少年指導委員会

地区少年指導委員会・特別区(高等学校)少年指導委員会の結成

少年指導委員委嘱年度当初に中学校区少年指導委員会、特別区少年指導委員会を結成します。各少年指導委員会は委員長・副委員長を選出し決定します。

中学校区少年指導委員会

  • 中学校区少年指導委員会は、中学校に事務局を置き、校区(地区)少年指導委員会の事務処理と少年育成センター 、関係機関等と連絡・調整に当たります。特別区少年指導委員会はこれに準じます。
  • 中学校区少年指導委員会は、地域の補導活動を主に行ない、地域行事等の特別な補導活動も行ないます。また、地域の育成会と連携し有害環境の調査・排除に努めます。少年指導委員会は、月1回程度の会合を持ち、地域の補導活動や情報交換を行ないます。
    少年指導委員会の代表者は、少年指導委員代表者会に出席し、この会合で話し合われた事柄を持ち寄り、少年補導に関する情報交換や補導活動に関して検討を行ないます。

少年指導委員代表者会

中学校区少年指導委員長、小・中・高(特別区)を代表する少年指導委員、その他関係機関(市教委、米子警察署、西部少年サポートセンター等)少年指導委員の代表で構成し、この会に参加する中学校区少年指導委員の中から、この会の会長(1人)・副会長(2人)を選出します。
この会は、会長・副会長を中心にして各少年指導委員会や小学校・中学校・高等学校、関係機関からの情報をもとに少年に関する諸問題について話し合い、重要事項についての対応や少年育成に関する指導方法について検討します。

掲載日:2016年9月29日