米子市議会の議員定数が4人減の26人になります

本文にジャンプします
米子市議会の議員定数が4人減の26人になります

米子市議会の議員の定数は、次の一般選挙から、現在の30人から4人減の26人となります。
これは、平成24年6月定例会の最終日に議員提案で「米子市議会の議員の定数を定める条例」に定める定数30人を、4人減の26人とする議案が上程され、議決されたことによるものです。
この新しい定数の26人は、次の一般選挙から適用されることになります。
なお、現在の議員の任期は、平成26年6月30日までとなっています。

定数削減までの経過

米子市議会では、議員定数について、平成22年7月15日に設置された議員定数・議会改革等調査特別委員会で、延べ21回の委員会審議を慎重に行ない、削減数について協議・調整を積み重ねてきました。 また、参考人招致による審議を含め、市自治連合会の協力を仰ぎながら、9回にわたって、市民の皆さんとの「議員定数についての意見交換会」を開催し、さまざまなご意見を伺いました。市民の皆さんからは、減らすべきではないなどのご意見もありましたが、4人以上の削減を求めるご意見が約7割を占めました。
平成24年6月18日に開催した委員会では、意見交換会のご意見を尊重しつつ、それまでの委員会審議の経過を踏まえて4人削減することに決し、6月定例会最終日の29日に委員長が条例改正の提案を行ない、賛成多数により可決しました。

掲載日:2012年7月5日