たばこの花

本文にジャンプします
たばこの花

淀江町西原の畑で小さなピンク色の花が咲いていました。これは葉たばこの花なのですが、葉たばこに花が咲くことを知らない人もいらっしゃるのではないでしょうか。葉たばこは6月から7月にかけて花を咲かせます。

たばこの花

かつて淀江町は葉たばこ栽培の盛んな土地でした。戦後の昭和23年に本格的な葉たばこ栽培が始まり、昭和30年代には、淀江町の葉たばこの品質は米子管内1位で全国的にも有名となり、耕作者は最盛期では268名を数えるまでになったということです。

 

しかし、近年では葉たばこ農家の高齢化、喫煙と健康に関する意識の高まり、たばこ税の大幅引上げなどの影響でたばこの需要は減少し、廃業する農家も増えてきました。ここ淀江町地域内も例外ではなく、今年の葉たばこ栽培農家はわずか1軒となってしまいました。

 

俗に、『花の命は短い…』などと言われますが、葉たばこ畑でこの花を目にすることができるのは、ほんのわずかな期間です。その理由は、花が咲くと葉に栄養が行かなくなるので、咲き始めるとすぐに摘み取られるからなのです。

掲載日:2012年6月21日