よどえ古代まつり開催!

本文にジャンプします
よどえ古代まつり開催!

平成24年5月27日、淀江町福岡の上淀白鳳の丘展示館と白鳳の里を中心に、「よどえ古代まつり」が盛況のうちに開催されました。午前10時、無形民俗文化財・淀江さんこ節の傘踊りがオープニングを飾りました。

淀江さんこ節傘踊り(オープニングを飾った淀江さんこ節傘踊り)

白鳳の里前庭のイベント会場では、特産品の販売や古代食の提供などが行なわれました。限定50食のよどえおやじバーガーは、あっという間に完売、無料で提供された300食のどんぐり水団と古代米おこわも好評のうちに完食となり、会場を訪れた参加者の皆さんは、日頃口にできないグルメを堪能しました。

特産品販売・古代食提供(特産品販売・古代食提供)

また、上淀白鳳の丘展示館では、上淀廃寺ガールズのハクホとコエダのマンガ作成・ぬり絵コーナーが開設され、多くの子どもたちが数々の力作を完成させていました。なお、これらの作品は上淀白鳳の丘展示館で展示されています。

マンガ作成などを楽しむ子どもたち(マンガ作成・ぬり絵を楽しむ子どもたち)

解説員とともに上淀廃寺跡や石馬などの史跡を巡る現地探訪には、およそ50人のかたがたが参加されました。数々の史跡を見学されたほか、上淀廃寺跡の東屋では、すばらしい景色と青空の下で、お茶とどんぐりクッキーでホッと一息、1時間以上にわたる探訪を楽しまれました。

 

その他にも、史跡めぐりクイズラリーや米子市出身の紙芝居作家・松村宏さんのマンガ紙芝居上演、そして伯耆古代の丘公園のイメージキャラクターである「古代くん」も登場して会場を賑わせるなど、参加者の皆さんは、今年初めて開催された「よどえ古代まつり」を満喫されました。

掲載日:2012年5月30日