よどえ古代まつり

本文にジャンプします
よどえ古代まつり

このたび上淀白鳳の丘展示館では、高さ3メートルの菩薩像2体が設置され、上淀廃寺金堂内部の復元が完成しました。
完成とオープン1周年を記念し「よどえ古代まつり」を開催します。小さなお子さまから参加していただける催しなど、お楽しみがいっぱい。皆さんお揃いでお出かけください。

よどえ古代まつり

とき

平成24年5月27日(日曜日)  午前10時から午後3時まで

ところ

米子市淀江町福岡  上淀白鳳の丘展示館及び白鳳の里

イベント内容

解説員とともに上淀廃寺跡や石馬などの史跡を巡る現地探訪

午前10時30分と午後1時30分の2回開催します。
なるべく事前にお申込みください。当日の参加もできますが、申込み多数の場合は参加いただけないこともあります。

郷土芸能披露

オープニングをかざり、淀江傘おどり同好会の皆さんに「淀江さんこ節傘おどり」を披露していただきます。

古代食の提供

古代人が食していたと言われる「どんぐり」を団子とみそに使った「どんぐり水団」や、古代米(黒米)を使った「おこわ」を午前11時30分頃から限定300食で無料提供します。

ハクホとコエダの史跡めぐりクイズラリー

上淀廃寺跡や石馬など周辺の史跡や施設をめぐり、クイズに挑戦していただきます。

ハクホとコエダのマンガ作成・マンガぬり絵コーナー

ハクホとコエダイラストハクホとコエダのパーツを使って1コママンガを作成したり、ぬり絵を楽しんでいただけます。
希望により、できあがった作品を上淀白鳳の丘展示館で展示します。

クイズラリー・マンガ作成・ぬり絵に参加いただいたかたには、スピードくじで賞品が当たります。

マンガ紙芝居の上演

米子市出身でイラストレーター・ニュース漫画家・紙芝居作家として新聞やテレビなどで活躍されている松村宏さんに、マンガ紙芝居を午前11時と午後2時の2回上演していただきます。

展望湯茶サービス

上淀廃寺跡東屋でお茶とお菓子を提供します。すばらしい景色を眺めてホッと一息いかがですか。

特産品販売

美水の郷・米子の水を活かした料理レシピ募集から商品化された「梨の水まんじゅう」や、よどえバーガー、どんぐり商品など販売します。

当日の天候によりイベント内容を一部変更することがあります。

【案内チラシ】

リンク・新しいウィンドウで開きます よどえ古代まつりPDF 415キロバイト)

申込み・お問い合わせ先

よどえ古代まつり実行委員会(淀江支所よどえまちづくり推進室内)
電話:(0859)56-3164

掲載日:2012年5月25日