狭あい道路拡幅整備事業

本文にジャンプします
狭あい道路拡幅整備事業

わたしたちの身近にある道路において、道路幅の狭い道路は、日常の交通をはじめ、救助活動や緊急時・災害時の避難、採光・通風などの住居環境の支障となっています。
これらの問題を改善するため、米子市では、道路幅が4メートルに満たない道路、いわゆる“狭あい道路”を拡幅整備する「狭あい道路拡幅整備事業」を実施します。
良好な環境の保全と快適なまちづくりの促進のため、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

狭あい道路拡幅整備事業の概要

  • 狭あい道路の道路幅を4メートルにするために、皆さんから、狭あい道路の中心線から2メートル後退した道路後退用地を寄附していただき、米子市が測量・登記・道路整備を行ないます。
  • 道路後退用地内にある門・塀・生垣などの支障物件の撤去や移設にかかる費用の一部を助成します。
  • 角地の特例として、すみ切り用地や道路後退用地を寄附していただいた場合には、報償金を交付します。

参考資料

リンク・新しいウィンドウで開きます 狭あい道路拡幅整備事業パンフレットPDF 567キロバイト)

お問い合わせ先

米子市建設部 維持管理課管理係
電話:(0859)23-5243

掲載日:2012年4月1日