平成23年度米子市防災訓練(平成23年9月)

本文にジャンプします
平成23年度米子市防災訓練(平成23年9月)

鳥取県西部地震を風化させないこと、東日本大震災の教訓を生かすことを目的に、平成23年10月6日に「米子市防災訓練」を実施します。
今回の訓練は、米子市・鳥取県西部広域行政管理組合消防局・米子市消防団・米子警察署・陸上自衛隊などの防災関係機関をはじめ、会場となる小学校の児童と教職員、校区内の自治会などからの参加を予定しており、住民参加型の訓練を計画しています。
災害は、いつ、どこで発生するのかわかりません。日頃から防災に対する意識を持っておくことが大切です。
皆さんでこの機会に、いま一度、防災に関する知識を深めましょう。

米子市防災訓練

日時

平成23年10月6日(木曜日) 午前9時30分から

訓練会場

河崎小学校

訓練用の被害想定

(実際の災害情報ではありません。)

「平成23年10月6日(木曜日)午前9時30分、鳥取県西部で震度7強(マグニチュード8.5)の地震が発生した。
このため、家屋等が倒壊し、各所に火災が発生するとともに、通信・電力・水道・ガス等の公共施設は各所で寸断され、米子市を中心に鳥取県西部全域にわたり甚大な被害が生じている模様。
なお、大阪管区気象台は、鳥取県沿岸に大津波警報を発表した。」

訓練情報の伝達方法

今回の訓練では、訓練会場となる河崎小学校の校区内の皆さんへ、避難に関する情報などを防災行政無線、広報車を使用してお知らせします。
実際の災害情報とお間違えにならないよう、お願いします。

その他

訓練に参加いただく住民のかたは、会場となる河崎小学校の校区内のかたを予定しています。
その他の地区のかたは、見学は自由ですが、駐車スペースがありませんので、自動車などでのご来場はご遠慮ください。
なお、当日の訓練には手話通訳者もいます。

掲載日:2011年9月12日