市長の「マニフェスト」の進捗状況(平成22年度)

本文にジャンプします
市長の「マニフェスト」の進捗状況(平成22年度)

 みなさん、こんにちは。
米子市のイメージキャラクター“ヨネギーズ”のどんぐりポシェットこと、 柏木(かしわぎ)です。1年ぶりの再会ですが、覚えていただいたでしょうか?

さて、「マニフェスト」は、市民の皆さんや米子市のまちづくりのために『こういう取組みをしていきます』と市長が約束した政策、施策です。平成21年から任期の4年間で達成することを目標としていますが、平成22年度までに様々な検討や取組みをしました。どれくらい進んでいるのかは後ほどくわしくお知らせしますが、まずは米子市長からのメッセージを紹介します。

平成21年4月の市長選挙で市民の皆様に約束しました24の政策とその取組み(50の具体的施策)について、これまで全力で取り組んでまいりましたが、どの程度取り組むことができたのか、自己評価を行ないましたので、市民の皆様へお知らせいたします。

内容は、平成22年度末までの進捗状況で、「実現できたもの」、「順調に実施中のもの」、「今後さらに力を入れる必要があるもの」に分類しておりますが、全ての施策について取り組んでおり、概ね順調に進捗しています。

今後も、引き続き皆様とお約束した政策を積極的に推進し、マニフェストの達成に向けて、より一層の努力を重ねてまいりますので、更なるご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

米子市長 野坂康夫

 さて、公約から2年経って、順調に進んでいるかどうか、ここからその内容を確認していきましょう。次の3つについてお知らせします。

マニフェスト「4本の柱(政策分野)」ごとの進捗率

政策分野ごとの進捗状況をお知らせします。

4本の柱(政策分野) 検討中
(一部実施)
実施中 実現 施策数 進捗率
(パーセント)
1.子どもに夢を、お年寄りに元気を!
政策分野:福祉、保健
0 7 3 10  77 パーセント
2.誇りとゆとりの米子を!
政策分野:生活、環境、教育、文化、都市基盤
0 9 2 11  73 パーセント
3.活力みなぎる米子を!
政策分野:経済、産業、都市機能、広域連携
0 17 1 18  69 パーセント
4.市民のために挑戦する市役所を!
政策分野:市民協働、行財政改革
0 8 3 11  76 パーセント
合計 0 41 9 50  73 パーセント

進捗率は、すべて実現した場合の柏木さんの数に対する現在の状況を表しています。

マニフェスト「重点政策」の取組み状況

7つの重点政策について、これまでの取組みをお知らせします。

1.平成22年度中に米子駅のバリアフリー化(エレベーター、エスカレーターを設置等)を実施。(政策5)

  • 平成23年3月、米子駅のバリアフリー化(エレベーターとエスカレーター、階段をそれぞれ3基ずつ備えたこ線橋の整備や、多機能型トイレ、警告誘導ブロックなどの設置)が完了しました。

2.平成22年度までに、小・中学校、保育園の耐震補強対策。(政策6)

  • 平成22年度中に耐震度の低い(Is値0.3未満)すべての小・中学校、保育園について、耐震化を完了しました。

3.平成25年度までの計画期間で実施する「米子市中心市街地活性化基本計画」は、商店街の活性化だけでなく、図書館や美術館、公会堂の整備事業など65の計画事業を着実に実行、賑わいのある中心市街地を実現。(政策7、12)

  • 65の計画事業を67に変更し、そのうち63事業に着手若しくは完了しました。
    図書館・美術館の増改築については基本設計を発注し、市民懇談会を開催、発注内容を説明しました。また、公会堂については、都市機能における役割などを検討するとともに、市民アンケートを行ない、存続を決断しました。

4.事業を凍結してきた市道安倍三柳線は、早急に工事を再開。(政策11)

  • ルート変更案や変更することになった経緯などを地元の自治連合会、関係権利者、関係自治会へ説明しました。今後も関係機関と協議しながら都市計画変更の手続きを進めていきます。

5.子育て世代の負担軽減。介護予防と地域福祉の実現。(政策1、2、3、4)

  • なかよし学級の充実、「子育て安心ダイヤルよなご」・「子育て応急ダイヤルよなご」の開設など、子育て環境の整備に努めました。
    高齢者が地域で自立して生活できるよう、介護予防の推進、相談窓口等の支援体制の充実を図るとともに、支えあいマップづくりの普及啓発を行ない、地域福祉の推進に努めました。

6.農業対策を含めた経済の活性化。急を要する中小企業対策と緊急雇用。(政策13、16)

  • 「チャレンジプラン支援事業」、「いきいき直売支援事業」などにより、農業経営の安定化や担い手育成を図り、地産地消を推進しました。
    借換融資制度の拡充等を行ない、中小企業の経営の安定を図りました。国の「緊急雇用創出事業」や「ふるさと雇用再生特別交付金事業」を活用し、2か年で延べ572人の新規雇用を創出しました。

7.国の認定を受けた「中海圏域の定住自立圏構想」や「山陰文化観光圏」などを通じて、暮らしやすく元気な米子を実現。(政策19)

  • 圏域構成市町(松江市、境港市、安来市、東出雲町)との形成協定を締結し、診療機能強化支援、圏域の観光振興などの連携事業の取組みを記載した「中海圏域定住自立圏共生ビジョン」を策定、事業を実施しました。
    山陰文化観光圏において、共同周遊マップ作成やポータルサイトの運営など、13の全体事業を実施しました。

マニフェスト進捗状況

50の具体的施策について、取組みと進捗状況をお知らせします。

【資料】

(PDFファイルです。新しいウィンドウ・タブで開きます。)

新しいウィンドウで開きます。 市長マニフェスト進捗状況(平成22年度) PDF 385キロバイト)

進捗状況(自己評価)の見方

…どんぐりの「柏木さん」が多いほど、マニフェスト進行が順調な状況を表しています。

柏木さん 検討中、または、施策の一部を実施中です。
(もう少し、力を入れる必要があります。)
柏木さん柏木さん 実施中です。
(順調に進行中です。)
柏木さん柏木さん柏木さん 実現しました。

平成22年度末の柏木さんの数

109 /150
(進捗率73パーセント)

 昨年度よりも、私の数が11個増えており、着実に米子市の施策が進捗しているようです。この調子でマニフェストが達成できるように、私も陰ながら応援していきたいと思います。

  「柏木さん」のプロフィールは、こちらからご確認いただけます。
リンク 「ヨネギーズ」って?

掲載日:2011年7月22日