カセットボンベやスプレー缶はなぜ穴を開けないとごみに出せないのですか?

本文にジャンプします
カセットボンベやスプレー缶はなぜ穴を開けないとごみに出せないのですか?

カセットボンベやスプレー缶はなぜ穴を開けないとごみに出せないのですか?

ガスがきちんと抜けていないものがあると、ごみ収集車や、リサイクルプラザ等で爆発火災事故が起こる恐れがあり、非常に危険です。
スーパーやホームセンターで販売している専用の穴開け器を使用すれば、容易に穴を開けることができます。
必ず使い切って内容物がないことを確認してから、火気のない風通しのよい屋外で、穴を開けてください。(中身のガスが残っていれば、手で振って「シャカシャカ」などの音がします。)また、使い捨てライターも、中にガスが残ったままだと火災事故の起こる恐れがあるため、必ず使い切ってからごみに出してください。
<No. 98>
更新日:2011年4月6日